UXデザイン

ユーザーインタビュー開始時の必須テクニック|「ラポールの形成」とは?

この記事から得られること

この記事では、UXデザインのプロセスの1つである「ユーザーインタビュー」開始時のインタビュアー(インタビューする側)の必須テクニック「ラポールの形成(Rapport)」について学ぶことができます。

なお、この記事は「約3〜5分」で読める内容になっています。

「ラポールの形成」とは?

「ラポール(Rapport)」とは、フランス語が語源で「架け橋」という意味であり、「ユーザーインタビューの被験者(以下、被験者)」との「信頼関係」のことを意味しています。

そして「ラポールの形成」とは、ユーザーインタビューの開始時に「被験者との信頼関係を築くこと」であり、被験者にリラックスした状態で、インタビューに参加してもらうための重要なプロセスとなります。

なぜインタビューの開始時に「ラポールの形成」が必要?

基本的に被験者は、慣れないインタビューで緊張しているケースが多いです。

そのため「ラポールの形成」は、その被験者の緊張をほぐすことを目的としています。

被験者が緊張した状態のままインタビューを進めますと、「普段の考えや行動」を取らないケースがあるため、ユーザーインタビュー開始時の「ラポールの形成」はとても重要なプロセスとなります。

具体的にどんな風に「ラポール」を形成すればよい?

「ラポールの形成」の簡単な方法としては、インタビューを始める前に、被験者と「世間話」をおこなうことがあります。

例えば、

「本日は少し寒いですが、天気がよいですね。」
「ここにいらっしゃるまでに迷いませんでしたか?」

などの「当日に関するお話」をしたり、「インタビューのテーマとは異なるお話」をすることをおすすめします。

そのほかにも、もう少し踏み込んだお話ができそうな場合は、例えば、

「そのブランドの小物、私も持っていますよ。」
「その腕時計、すてきですね」

など「身につけているものや持ち物」に対して話題をふるのも良いと思います。

そのほかにも、飲み物を準備したり、お菓子を準備しておくことも、被験者がリラックスすることに効果があります。

なお、飲み物の場合は持ち帰れるように「ペットボトル」、お菓子の場合も持ち帰れるように「個包装のお菓子」にすることをおすすめします。

「ラポールの形成」でさらに意識すべきことは?

世間話をある程度おこない、被験者がリラックスできれば「ラポールの形成」としては成功となりますが、さらに「ラポールの形成」に取り組みたい場合は、以下の「ラポールの3原則」を意識することをおすすめします。

原則1:相手を尊重すること

まずは、相手のことを尊重することが重要です。

そして、相手が話しているときは傾聴することが重要です。

原則2:類似性・行動の同調

人は行動や好みが一致すると、親近感が高まる特徴があります。

原則3:ページングとリーディング

「ページング」とは、相手の話し方や話すペースに合わせて自分が話すことです。

例えば、相手の話すペースがゆっくりな場合は、インタビュアーも相手のペースに合わせてゆっくり話すことをおすすめします。

「リーディング」とは、率先して会話をリードすることです。

「インタビュー」という形式上、会話の進行はインタビュアーが進めるため、リーディングについては特に深く意識する必要はありません。

以上の「ラポールの3原則」を意識しますと、より円滑に被験者とコミュニケーションが取れ「ラポールの形成」がおこなえると考えます。

まとめ

繰り返しとはなりますが、「ラポール(Rapport)」とは、被験者との「信頼関係」のことです。

そして「ラポールの形成」とは、ユーザーインタビューの開始時に「被験者との信頼関係を築くこと」であり、被験者にリラックスしてインタビューに参加してもらうための重要なプロセスとなります。

具体的には、

「本日は少し寒いですが、天気がよいですね。」
「ここにいらっしゃるまでに迷いませんでしたか?」

など、インタビューを始める前に当日に関するお話をしたり、インタビューのテーマとは異なる話をします。

そのほかにも、飲み物を準備したり、お菓子を準備しておくことも、被験者がリラックスすることに効果があります。

さらに、より「ラポールの形成」をおこないたい場合は「ラポールの3原則」である、

  • 原則1:相手を尊重すること
  • 原則2:類似性・行動の同調
  • 原則3:ページングとリーディング

を意識することをおすすめします。

「ラポールの形成」は、そのあとのインタビューを円滑に進めるためにも重要なプロセスですので、ぜひインタビューをおこなう際は実践してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
今回の記事は以上です。

この内容がみなさんのUXデザインの勉強になりましたらうれしいです。
引き続き、UXデザイン、UIデザインの勉強を一緒にしていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA