UIデザイン

UIデザイナーの必須スキル「理由を説明する」スキルとは?

この記事から得られること

この記事では、UIデザイナーにとって必須となるスキル「理由を説明する」というスキルについて紹介します。

実際にUIデザインをする中で、「理由を説明する」スキルは、とても重要であり、UIデザイナー必須のスキルだと考えていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

「理由を説明する」スキルとは?

「理由を説明する」スキルとは、自分でデザインしたUIに対して、「どのような理由や考え方で、このデザインにしたのか」を、さまざまな相手に説明するスキルのことです。
そして、この説明の中には、「どのようにUIを検討していったのか」という、検討の過程も含みます。

「理由を説明する」スキルはどうして必要?


UIデザイナーは、仕事を進める中で、必ず「そのデザインにした理由」を説明する場面があります。

例えば、スマホアプリの開発にて、UIデザインをした際に、プログラマーの方に「このようなUIデザインで実装(プログラミング)してください。」と依頼した場合、

「別のデザインの方が実装しやすいので、別のこのようなデザインではダメですか?」

といった、やり取りが発生するケースがあります。

その際に、「そのデザインにした理由」をプログラマーの方に説明できなければ、別のデザインになってしまう可能性があります。

そのほかにも、スマホアプリの開発を依頼したクライアントの方への説明や、上司への説明など、いろいろな場面で、「このデザインにした理由」が求められます。

特に、実装のしやすさをメインに考えたデザインにした場合、「ユーザーにとって使いにくいUIデザイン」になってしまう可能性があるため、使いやすいUIデザインにするためにも、説明するスキルは重要となってきます。

もちろん、「何かを説明する」スキルは、UIデザイナーだけでなく、さまざまな仕事として、とても重要です。ただ、UIデザインの分野では、説明を求められる機会が特に多く、スキルとしての重要度が高いと考えます。

では具体的にはどのような内容を説明すればよい?

説明する相手にもよりますが、一般的には、以下の内容から選んで、説明するのが望ましいと考えます。例えば、スマホアプリの場合ですと、

  • スマホアプリのコンセプト
  • ユーザーがスマホアプリをどのように使うと想定しているか
  • 他の類似のアプリでは、どのようなUIデザインとなっているか
  • UIデザインの最新のトレンド
  • 該当するUIデザインガイドラインの内容
  • 検討はしたが、不採用としたUIデザインとその理由
  • スマホアプリのアップデートの場合は、前回のUIデザインの問題点

などを説明し、相手に納得していただく必要があります。
また、必要に応じて「理由の優先度」も説明することが望ましいと考えます。

理由を説明することによって、相手に納得していただくだけでなく、より良いUIデザインのアイデアが出てくる可能性もあるため、このような説明は、UIデザイナーにとって、とても重要であると考えます。

「理由を説明するスキル」はどのように身につければよい?

UIデザインのビジュアルを具体的に検討し始める前に、「どのような材料(理由)が揃えば、UIデザインを決定できるか」を最初に考えることをおすすめします。

そして、その材料(理由)を揃えるために、「どのような調査や検討をおこなえばよいか」を考えれば、自然と「デザインを説明するための材料を集めるスキル=デザインを説明するスキル」が身についていくと考えます。

もちろん最初は、調査不足や、検討不足などが発生するケースがあるとは思いますが、いきなりUIデザインの検討を始めるよりも、確実に使いやすいデザインを検討することができると考えます。

また、箇条書きのテキストでも結構ですので、その材料(理由)を、簡単な資料として、まとめておくと、説明を求められた際に、スムーズに説明できると考えます。

具体的な材料(理由)の調査方法としては、例えば、「他の類似のアプリでは、どのようなUIデザインとなっているか」を調査する場合、さまざまなアプリを実際にダウンロードし、UIデザインを検討したい画面を調べたり、どのような情報を表示しているかを調べたり、比較したりします。

この「理由を説明するスキル」は、UIデザインの経験の差が大きく出るスキルですので、色々と調査を試してみて、自分なりの調査法を確立させることをおすすめします。

まとめ

繰り返しとはなりますが、「理由を説明する」スキルは、UIデザイナーにとって、とても重要であり、一般的には、以下の内容を説明するのが望ましいと考えます。

  • スマホアプリのコンセプト
  • ユーザーがスマホアプリをどのように使うと想定しているか
  • 他の類似のアプリでは、どのようなUIデザインとなっているか
  • UIデザインの最新のトレンド
  • 該当するUIデザインガイドラインの内容
  • 検討はしたが、不採用としたUIデザインとその理由
  • スマホアプリのアップデートの場合は、前回のUIデザインの問題点

この「理由を説明する」ことができるかできないかで、UIの使いやすさに大きく影響しますので、UIデザインの勉強の中でも、意識してほしいと考えます。

今回の記事は以上です。
記事の内容が、みなさんのUIデザインの勉強の参考になればうれしいです。
また、引き続き、いっしょにUIデザインの勉強をしていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA